わが家のこむすびワン

はじめての子育てをしているママ ブログ。2歳10ヶ月の鉄オタ息子とトイプードル、時々とうしゃん

福岡市姪浜からフェリーで10分で行ける能古島に行ってきました。世界各国の方々の多さにびっくり!世界共通でウケた息子の行動とは...

こんにちは、まあこです。

久しぶりの更新です(・ω・)ノ

 

福岡の観光スポットの1つである能古島に行ってきました。

能古島とは、博多湾の真ん中に浮かんでいる島で、周囲12kmほどの小さな島です。

菜の花、桜、ひまわり、コスモス、水仙など四季折々の花を楽しめます。

 

こむすびまんと1週間違いで生まれた親戚の子がいて、その親子(母と娘)と一緒に行ってきました(^^)

私は2回目の能古島(1度目はほとんど観光せず)。

こむすびまんは初めての能古島、初めての船。

ドキドキ(≧▽≦)

 

姪浜旅客待合所(能古渡船場)にて

まずは、自宅を出て車でこちらへ。 

f:id:komusubiwan:20180518112554j:plain

姪浜旅客待合所(能古渡船場)に着きました。

 

能古島まではフェリーで10分で着きます(*^^*)

料金は片道230円。

フェリーはほとんどが1時間に1本。早朝と夕方は2本出ていました。

 

着いて切符を買って海や船を見たり、近くにあるマリノアシティの観覧車を見ながら待っていました。

平日だから少ないだろうねと親戚のお姉様と話していました。

すると、能古渡船場のバス停にバスが止まるたびに人がどんどん降りてきます。

それも日本人はごくわずか。

福岡あるあるかもしれませんが、福岡にはアジアの方々がよく団体で観光をしています。

だから初めはあまり気にしていませんでした。

ただ、この日はアジアの方々だけでなく、世界各国の方々がいました!!

船場の待合室では日本語ではない言葉が行き交い、グローバルな空間でした(^○^)

 

息子、初フェリー!

フェリーに乗って、いよいよ能古島へ。

2階の席に座りました。窓側に向かってイスがあるので景色を見ながら乗れました♪

f:id:komusubiwan:20180518113733j:plain

 

こむすびまんは「ふねすごいね~はやいね~」と言って乗っていました。

f:id:komusubiwan:20180518112815j:plain

 外に連れて行ってみると怖いようで、そーっとのぞいて「ざばーんやったね~」と言っていました|ω・)チラッ

波がざばーんだそうです(´∀`*)

福岡タワー、ヒルトン福岡シーホーク、ヤフオク!ドームが見えています。

小さいけど分かりますかね?(^^)

 

 能古島見えてきました~。

f:id:komusubiwan:20180518113000j:plain

 

目的地はのこのしまアイランドパーク

能古島にはのこのしまアイランドパークという大きな自然公園があります。

1年中、その時期の季節の花が咲いています。

 

能古島に到着し、船を降りると近くにバス停があり、そこからアイランドパーク行きのバスに乗りました。

片道230円。

1時間に1本です。シーズン中は臨時便が出るようです。

私達が行ったこの日は多かったようで臨時便のバスがちょうど着いていました。

 

超満員のバス... ( ;∀;)

このバスがもう考えられないくらいの超満員で、、、。

あまりの多さに「No!」と乗車を拒否している方々もいました。

それでも次のバスが30分後だからとぎゅうぎゅうに詰められ、バスは出発しました。

私も子連れでこれは無理だろうと思いましたが、親戚のお姉様は乗る気満々(T_T)

タクシー探したけどいないし、30分も待てないということでそのぎゅうぎゅうのバスに。

15分くらいかかるようですが、私にはもっと長く感じました。

13kgのこむすびまんを抱っこして満員のバスでの山道。

もうこれは修行ですね!( ̄▽ ̄)

私が辛そうにしているのを見ていた目の前の方。

変わりますよとジェスチャーで言ってくださいました。

ただ見動きがとれなかったのでお礼を伝えて耐えました。

すると、その方が座席のひじを置く所を指さしてここいいよと。座らせていいよと。

なんて優しいお方!!(TдT)

ひじ置きのところにこむすびまんを座らせることができたので、すごく助かりました。

どこの国の方か分からなかったんですけど本当に嬉しかったです。

ありがとうございましたm(_ _)m

 

バスでのハプニング!!

やっと到着して超満員のバスの中から少しずつ降りていく人達。

2/3くらいの人が降りた所で空いたイスにこむすびまんを座らせバス代を出していたら

 

「ピンポーン」

 

(゚д゚)!

 

しまった、忘れていた!

こむすびまんバスのピンポンを押すのが大好きだった。

 

こどもはみんな好きですよね(*´∀`)

 

ピンポーンと鳴った瞬間、

バスの人達は「ハハハ、クスクス」と車内は笑いに包まれ、

運転手さんは「はーい(^^)」と返事してくださり、

私は「ごめんなさい!(;´Д`)」とテンパる。

息子「ぴんぽんなったね〜」

 

本当に恥ずかしかったです(。-_-。)

 

絶妙なタイミングのピンポンが世界共通で面白かったようなのでよかったです。

どんよりしたバスの空気が明るくなった気がしました(´ε`)♪

 

 長くなってしまったので、のこのしまアイランドパークでの出来事は次で書きたいと思います(・ω・)ノ